本文へ移動

沿革

昭和43年 02月
札樽生コンクリート協会(札樽生コン協会)設立
昭和47年 04月
札樽(現札幌)生コンクリート協同組合(13社加盟)設立
昭和49年 05月
北海道生コン協同組合連合会創設
昭和53年~58年
構造改善事業で工場廃棄4件
昭和59年 11月
札幌生コンクリート協同組合ビル建設用地取得
昭和60年 03月
札幌生コンクリート協同組合ビル竣工(佐藤・地崎・大林JV)
平成15年 04月
新再生組合スタート
平成24年 06月
組合再結集(実質7月1日~共販再開)19社22工場
平成25年 01月
販売価格11,000円に改定
平成25年 10月
販売価格12,500円に改定
平成26年 03月
札幌市との防災協定締結
平成28年 01月
販売価格13,300円、第2・第4土曜日稼動休止開始
平成28年 11月
生産物賠償責任保険加入
平成30年 04月
附帯条項の見直し(夜間打設・距離増し他)実施
平成30年 11月
大規模火災における消化用水の搬送協力協定書の締結
平成31年 04月
持ち帰りコンクリート有償化(キャンセル料)の実施
平成31年 04月
開進コンクリート工業株式会社 組合に加入
令和2年 10月
東洋コンクリート株式会社 組合加入
令和3年  04月
販売価格 15,500円に改定
令和3年  04月

旭ダンケ米里工場・開進コンクリート工業が共同操業開始
以降、現在に至る。
札幌生コンクリート協同組合
〒003-0001
北海道札幌市白石区東札幌1条4丁目6-10
TEL.011-832-5110
FAX.011-832-6492
TOPへ戻る